式場探し

バリ島の結婚式総まとめ

今日はハワイに引き続きバリ島の結婚式についてまとめていこうと思います。ハワイに次ぐ結婚式の人気スポットです。

ちなみにこれを書いてるマリエはバリ島自体は10回くらい旅行経験のある自称バリ島マスターです!バリ島での結婚式は色々検討した結果辞めてしまいましたが、これまでの経験+今回結婚式のために行った情報収集をここにまとめておきます。

バリ島の基本情報

言葉とお金

公用語はインドネシア語、英語ですが、ほとんどのお店で英語が通じます。更には日本人の観光客も多いので、観光地ではほぼ日本語が通じますし、メジャーなホテルには日本人スタッフが常駐しているので言葉の心配はあまりいりません。

お金はインドネシアルピアです。現時点(2017/11/19修正)で1ルピア=0.0083円です。レートは変動しますが、おおまかには0を二つ取れば日本円に近い金額になります。お会計が50000ルピアですって言われたら500円くらいかな、みたいな。なんだか金銭感覚が麻痺しそうです。

飛行時間と時差

ガルーダインドネシア航空の直行便を利用すれば日本から7時間半くらいです。あとはシンガポール航空やマレーシア航空の乗り換えもありますし、飛行機代を抑えたいならエアアジアでクアラルンプール乗換えも可能です。シンガポール航空はややお値段も高い上に乗り継ぎ時間が空いて不便なのですが、サービスが良いのとシンガポールとの周遊がハネムーナーに人気ですね~。

時差は日本からマイナス1時間と少ないので、帰国後はすぐ仕事しなきゃ…という人にも旅行しやすい場所です。

ビザについて

現地の空港到着後にその場で購入するという謎システムのビザがあります。30日以内の観光ビザはUSドルで$35ですが、数年前まで$25とかだったと思うので年々値上げされてる気がします。事前の申請は必要ないですし、入国審査時に人の波についていけば購入できると思うので特に不安はないと思います。

バリ島の治安

観光地なので殺人事件などの凶悪な犯罪は少ないですが、スリ・ひったくり・ぼったくりは結構あります。自分の荷物は自分でしっかり管理するようにします。

あとは治安とは少し違いますが、放し飼いの犬が結構いて狂犬病もいますので、この辺も注意が必要です。

バリ島の気候

赤道直下の国なので気温は一年を通して暑いです。

ベストシーズンは乾季の4~10月で、この時期は海も安定するのでシュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティにもベストなシーズンです。

雨季は降水量が多いといってもほとんどがスコールです。一時的にバケツをひっくり返したような雨が降ってぴたりと止むので、意外と結婚式の間は快晴のことも多いです。

ただ、バリ島の雨季の湿気はやばいです。私は昔雨季のバリ島に行って湿気でビデオカメラが動かなくなったほどです。笑 あとは海が荒れやすいので、高波でサーフィンするぞ!という方にはむしろ雨季がおすすめですが、ハネムーン中にシュノーケリングとかしたい!という人は雨季のバリは避けたほうがいいです。

バリ島のエリア解説


画像:H.I.Sバリ島エリアマップ

バリ島の概略図ですが、結婚式の出来るチャペルが多いのは高級ホテルの立ち並ぶリゾート地であるヌサドゥアエリアや、南西のウルワツ地区などです。ウブドは他の観光地区と比べてもアクセスが大変なのですが、静かに過ごせる場所とあって観光地として訪れる人も多く、ここも人気の式場が多くなっています。ただ、内陸部なので海辺やビーチが見渡せるチャペルはりません。

バリ島の結婚式場

バリ島もハワイほどではありませんが、結婚式場の選択肢は豊富です。キリスト教国ではないので教会はあまりありませんが、素敵なチャペルが沢山あります。個人的にはチャペルの写真を見る限り、ハワイよりもオシャレでハイセンスなチャペルが多いと感じていました!

いくつか人気の式場をピックアップしてみると、

コンラッドインフィニティ

コンラッド・バリの中にあるチャペルで、水に浮かぶガラス張りのチャペルが美しいです!海の上を渡っているかのようなバージンロードが素敵です。

ブルガリチャペル

有名ブランドが手がけるブルガリ・リゾート・バリ内にあるチャペルです。オシャレでハイセンスでまさに大人のための洗練されたチャペルという感じです!

ザ・リッツカールトン バリ ザ・マジェスティックチャペル

こちらも高級ホテル、リッツカールトンの中にあります。天井に大きく開いた窓から光が差し込んでとても明るく綺麗なチャペルです。

バリ島結婚式の費用

バリ島結婚式にかかる費用ですが、東南アジアで物価もハワイなんかより安いし、きっと結婚式もお得に出来るのかなと思いきや、意外と費用かかります。というのも↑にも書いてる通りバリの素敵な式場って有名ブランドや高級ホテルが手がけてるものが多いんですよ。

なので結婚式のプラン費用が結構高めで、旅費は他より少し休めでトータルでかかる費用はハワイとかと同じくらい、といった印象です。

バリ婚ナビというサイトでバリ島結婚式にかかる費用についてのページがあります。

これによると平均は146万円1/3以上は150万超えになってますね。

バリ島挙式時のハネムーン

バリ島は高級リゾートも多くてハネムーンにもぴったりです。乾季はシュノーケリングすれば綺麗な海に魚がいっぱいですし、マリンアクティビティも沢山あります。折角の機会なので一緒に体験ダイビングとかしてみるのも良いと思います。

あとはシンガポールとの周遊プランも人気ですね。

帰りにマリーナベイサンズに宿泊するハネムーナー多しです。余談ですが、ここのプールは一生に一度入ってみるのがお勧めですがシーズンによっては寒くて入れないので気候を確認してから行くことをお勧めします。

バリ島挙式を扱う会社

日本のプロデュース会社

ベストブライダル

ハワイ、バリ、沖縄の式場を扱っています。

直営店も全国に12箇所と規模は大きめなので、サロンでの相談もしやすく、かつ人気式場の取り扱いがある点がオススメです。

ワタベウエディング

全国に30以上の直営店を持つ海外ウエディングの老舗かつ大手です。バリ島以外にも色々な地域のリゾートウエディングを扱っています。

ブルガリチャペルやリッツカールトンのチャペルなどの高級式場を多く扱っています。直営店も多く、バリ島以外の挙式も多く扱っているので、とりあえず色んな場所の結婚式の話を聞いてみたい人にはお勧めのサロンです。

アールイズウエディング

ハワイ、グアム、バリ、沖縄の挙式に力を入れている会社です。新宿、横浜、名古屋、梅田、福岡、仙台、札幌に直営店があります。

↑で紹介したコンラッド・インフィニティなどのチャペルの取り扱いがあります。

日本の旅行会社

旅行会社のウエディングデスクは、基本的に上述のどこかのプロデュース会社と提携して、旅行とセットのウエディングプランを販売しています。結婚式に介しては仲介者になるので情報が少ない面もありますが、色々な会社のチャペルを選べるので選択肢は豊富です。

色んな場所・式場を見てみたいという方は旅行会社のウエディングデスクで相談するのがオススメです!

H.I.Sウエディング

エスティーワールド ムーンシェル

JTBウエディングプラザ