式場探し

モルディブでの結婚式総まとめ

ハネムーンで行きたい場所ランキングで不動の1位を築き続けているのがモルディブです。

2人だけのハネムーンには人気だけど、挙式までモルディブでするにはゲストの負担等も考えてなかなかハードルが高いためか、なかなかメジャーではないかもしれません。

それでもモルディブの結婚式って憧れます!なので今日はそんなモルディブの結婚式についてまとめてみます!

基本情報

まず、モルディブの一番の特徴は「1島1リゾート」ということです。モルディブは沢山の島(環礁)が集まって出来ているのですが、1つの島には1つのリゾートホテルしかありません。そこの島のホテル以外には飲食施設などの商業施設はほとんどないんです。

ですのでモルディブは滞在中ずっとホテルで過ごすことになりますので、食事も全部ホテルで摂ることを前提に「オールインクルーシブプラン」と呼ばれる、飲食費も全て込みのツアーが基本になっています。

言葉とお金

モルディブの公用語はディベヒ語という言語らしいのですが、基本的にモルディブにいる間はリゾートで過ごすと思いますので、ホテルは英語が通じます。更に言えば高級ホテルはほとんどのところで日本語の話せるスタッフがいたり、案内も日本語表記のものがあったりするので、あまり言葉の心配はありません。不安な方は事前にホテル情報で日本語が話せるスタッフがいるか確認しましょう。

通貨に関してもルフィアというモルディブのお金があるのですが、ホテルはドル払いがほとんどなので、米ドルを準備していけば良いと思いますし、ほとんどのホテルでクレジットカードが使えます。

飛行時間と時差

日本からモルディブへの直行便はありません。最も乗り換えが便利なのはスリランカ航空で、成田〜コロンボが8〜9時間、コロンボ〜モルディブが1時間半程度で、トランジット時間は1時間程度です。この便はかなり多くの人がモルディブへのトランジットに利用しているので、私は以前モルディブ行きの際にコロンボ行きの飛行機が遅れてしまったのですが、乗り継ぎ便も私達の便の到着を待っててくれました!

その他のモルディブへの便は、シンガポール航空か、エミレーツ航空(ドバイ乗換え)があります。ハネムーンでこれらの国も周遊する方もいますが、スリランカ航空に比べて航空券は割高になります。どちらも人気の航空会社なのでサービスは良いですけどね!ちなみにスリランカ航空は機内食のカレーが美味しいです

時差は日本からマイナス4時間です。

ビザについて

観光の滞在の場合ビザは不要です。

治安

治安は悪くないですし、ほとんどの時間をホテルで過ごすことになり、町歩きをするような場所も機会もないと思います。せいぜい島の周りを散策するくらいです。

ただ、スリや置き引きなどはあるので、荷物を置きっ放しに放置したりするのは気をつけた方がいいですよ!

気候

ベストシーズンは乾季にあたる1月〜4月、と言われてはいますが、正直雨季でもそれほど多量に雨が降るわけではないです。一日に1〜2回スコールがある程度です。私はダイビングしてた頃に何度か8-9月のモルディブにも行きましたが、湿気もそこまで気にならないと思います。

旅費が雨季の方が安くなりやすいので、節約したいならあえて雨季を選ぶのもアリかと思います。

エリア解説

冒頭でも書いたように、モルディブはたくさんの島(環礁)が集まって出来ています。


画像:www.divenet.jp

ちなみに、↑の図の一つの環礁毎にいくつかの島が集まっています。例えば南マーレ環礁の中には更にいくつかの島があって、その島一つ一つにリゾートホテルが一つずつある、という具合ですね。

空港の近くの環礁であればボートで移動出来ますが、遠いところだと飛行機+ボートの移動が必要になる場所もあります。それぞれの環礁毎にジンベエザメに出会いやすい、とかマンタに会えるとかあるので、興味がある人は調べてみてください。一概には言えないですけど、空港から遠ざかるほどに海は綺麗になっていく印象はあります。

結婚式場

水上コテージのイメージが強いモルディブらしく、式場は「海が見える」チャペルというより「海に浮かぶ」チャペルが人気ですね。

 フォーシーズンズリゾートモルディブアットランダーギラーヴァル


画像:エスティーワールドムーンシェル

モルディブ人気No.1の式場です。バア環礁の中にあり、美しいラグーンに囲まれた隠れ家的リゾートで、水上に浮かぶチャペルで挙式します。

コンラッド・モルディブ・ランガリアイランド

こちらは水中レストランのあることで有名なモルディブのホテルです。一生に一度は泊まってみたいホテル!等としてもよく紹介されているので写真を見たこともある方も多いのでは?こちらの水中レストランでの挙式が人気です。

バロス・モルディブ

こちらはいくつか挙式プランが準備されていて、ビーチでの挙式や、写真のような水中ライトハウスでの挙式も可能です!こんな海に囲まれての挙式、憧れますね!

結婚式の費用

まず、一般的な海外挙式にかかるお金の計算について別記事にまとめています。

あわせて読みたい
【保存版】海外挙式の費用についてまとめました国内挙式に比べて実はお値打ちといわれる海外リゾート挙式ですが、実際かかる費用っていくらくらいなのー?という疑問を巷でよく見かけます。それ...

基本の挙式費用自体は大きく変わらないと思うので、参考にしてください。オプションの内容でも変動しますが、一般的な海外リゾートチャペル、平均的なオプションをつめこんで、ゲスト10名程度のレセプションをすると挙式費用だけで100万円前後だと思います。

またモルディブの場合は2人だけでゲストなしの挙式をする方も多いので、そうなるとレセプションのお金がかからなくなり、挙式額は60-80万円くらいに抑えることも可能だと思います。

あとはこれに旅費がかかります。モルディブは旅費が他の地域に比べて高いです。厳密に言えば滞在場所を選べば値段を抑えることも可能なのですが、モルディブは一島一リゾートと言われていて、原則結婚式を挙げたホテルに宿泊します。上述のような式場はどこも高級リゾートなので、二人分の1週間程度の旅費で最低でも80万~100万円くらいは想定した方がいいと思います。

挙式時のハネムーン

最初に書いた通りモルディブはハネムーンで行きたい場所の不動人気を誇っているので、挙式の後のハネムーンも120%楽しめること間違いなしです。

水コテージでのんびりしながら、せっかくなのでシュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティを楽しんじゃってください!

私も水上コテージ宿泊したことあるのですが、部屋からそのまま海に降りられて、上がったらすぐにシャワー浴びられるって最高に便利です!笑  おまけにコテージ下の海って2人で楽しみやすくて距離がますまう近づくこと間違いなしです。

挙式を扱う会社

モルディブ挙式を扱う会社はハワイなどと比べるとかなり限られてきます。

日本のプロデュース会社

クチュールナオコウエディング

ドレスショップ発症の結婚式プロデュース会社です。モルディブ挙式を扱っているのは、プロデュース会社は少なくクチュールナオコが日本からの挙式はほとんど担当しています。後述の旅行会社も全てクチュールナオコのプランを元に組んでいます。

日本の旅行会社

旅行会社のウエディングデスクは、基本的に上述のどこかのプロデュース会社と提携して、旅行とセットのウエディングプランを販売しています。結婚式に介しては仲介者になるので情報が少ない面もありますが、色々な会社のチャペルを選べるので選択肢は豊富です。

H.I.Sウエディング

エスティーワールド ムーンシェル

JTBウエディングプラザ

おすすめの会社は?

ハワイやバリじゃなくてモルディブなどのような取り扱い会社が少ない場所での結婚式を考えるなら、旅行社のウエディングデスクに行くのが一番かとおもいます。挙式場の選択肢が多いですし、ウエディング会社よりも現地のことは把握している気がします。

上述の3社であれば挙式場の選択肢はほぼ同じで、日本からだとクチュールナオコさんのプランを利用しています。旅行会社を介すると仲介料で高くなるんじゃないかと思いますが、挙式料金自体が割高になることはないので安心してください!