帰国後パーティー

会費制の結婚式は本当に自己負担0円から出来るのか?

リゾート挙式の後に国内でもお披露目会をしたい!というような場合に最近人気のスタイルが1.5次会と呼ばれる形式です。1.5次会は披露宴と二次会の中間のようなパーティースタイルで、ゲストも気軽に参加出来るように会費制で行う場合が多くなっています。

1.5次会を行う場合は、自分でレストラン等のプランナーさんに直接お願いする場合と、専門のプロデュース会社にお願いする場合があります。

専門のプロデュース会社を通すと、その会社が提携している会場の中から自分がイメージしているパーティーに合った会場を紹介してもらえますし、料金もパッケージ化されていて分かりやすいです。さらに、こうしたプロデュース会社の中には「自己負担0円で挙式可能!」といった広告にあるように、会費の設定次第で自分たちの自己負担はほとんどかけずに1.5次会が行えます。

自己負担0円の真相

ただ、この自己負担0円は嘘ではないのですが、少し注意が必要なのです。

自己負担0円~パッケージの内容

1.5次会のプロデュース会社はいくつか相談に行きましたが、例として会費婚というサービスを挙げてみます。

この会費婚の料金体系を元に自己負担0円について解説していきます。

私が会費婚で紹介された基本プランは、自己負担5万円+会場に合わせたゲストからの会費で下記のものがすべてセットのプランになっていました。

そして自己負担は会場とゲスト会費の設定次第で0円に出来るようになっています。

注意ーパッケージ内に入っていないもの

衣装代

こちらのプラン内に衣装代は含まれていません。持ち込み料はかからないので、海外挙式で衣装を購入されている場合はそのまま衣装を利用すれば良いのですが、レンタルの場合は別途追加料金が必要になります。会費婚の場合は実は自己負担20万円プランというものがあり、このプランだと衣装のレンタル代の一部が含まれているので衣装レンタルが必要な方は検討してみると良いと思います。

有料オプション

会場装飾やブーケなどをグレードアップする場合には都度オプション料金も必要になります。ただ、プラン内のものでもそれなりの装飾が準備されているので、ほとんどグレードアップは行わない方も沢山いるようです!

実はゲスト会費が高めに設定されている

ここからが重要なのですが、実はこの自己負担5万円プランだとゲストの会費が結構高めに設定されています。

例えばこの会費婚の中でも人気会場のこちら:葉山庵Tokyo

マリエも見学と試食に行ってとても素敵な会場でお料理もすごく美味しいのですが、着席コースの場合のパッケージプランでの設定会費は¥25,000です。ゲスト会費を減らして自己負担を増やしたりすることは可能なのですが、ベースの設定が結構高いんです。

つまり、ゲスト一人当たり¥25,000の会費を取れば、自己負担は0~5万円でできますよーというプランなのですが、ゲストからすると会費制の披露宴で\25,000取られるって結構負担が大きいと思います。しかもお料理もとても美味しいのですが、およそ1万円前後くらいのコースだと思うんですよね。なのでフリードリンク代を入れてもゲスト一人当たりの飲食代は¥15,000くらい。会費の設定方法には色々議論がありますが、基本はゲスト一人分の飲食代を支払ってもらうくらいの価格にするのが今後の付き合いを考えると良いかなぁと私は思っています。

ですので、もしこの会場で会費を¥15,000に設定すると一人当たり¥10,000は新郎新婦側で負担することになるので、50名のゲストを招待する場合は50万円くらいは自己負担として払うと見ておいた方が良いかもしれません。

ちなみに、マリエはこの会費婚を通して葉山庵Tokyoに実際に見学に行ってます。こちらの記事参照。

あわせて読みたい
海外結婚式後のアフターパーティー会場探しへ!海外での結婚式の後に、国内でもお披露目会をしたいね〜という話になり、リゾート挙式会場探しと平行してこのアフターパーティーの式場探しも始め...

1.5次会プロデュース会社を通さない場合




ちなみにですが、こうしたプロデュース会社を通さずに、会場に直接問い合わせる方法もあります。例えば同じ葉山庵Tokyoのプランをゼクシィ
で調べてみましょう!

この会場のプランの中に↓のようなプランがありました!

気になるのは会費2万円で自己負担0円というところです!でも、更にその下に1名増で一人当たり¥13,000と記載があります。

ということは、私はこのプランを見ると一人当たりの会費は¥13,000が妥当だと思うのです。となると50名の場合には¥7,000×50=35万円くらいは自己負担にした方が良いんじゃないかと思うのです。勿論会費設定は新郎新婦が決められるので、ここは本当に自由だと思います。

更にこのプランだと写真や引き出物(会費制の場合はプチギフトで良い)は含まれていないのですが衣装が込みになっています。ただ、こうしたプラン内の衣装は一番最低ランクのものなので、ほとんどの場合追加料金が発生します。こうした費用も合わせると多分上記の会費婚のプランとあんまり変わらないか、直接申し込んだ方が若干安くなるくらいの自己負担額だと思います。

1.5次会プロデュース会社を利用するメリット

じゃあこういった1.5次会プロデュース会社は利用する意味が無いのかというと、そんなことはないと思います!ここからは会費婚さんのような会費制結婚式のプロデュース会社を利用するメリットを書いていきます!

料金体系がはっきりしていて追加料金が発生しにくい

これが何よりのメリットで、結婚式の見積もりって色々とオプションやグレードアップを後からつけていくので最初に出してもらった見積もりから100万円単位で変わってくることもザラなんです。でも、会費婚さんの場合は基本のプランがほとんど含まれていて料金体系が最初から分かりやすくなっています。

結婚式の最初の見積もりって会場側も出来るだけ安く見せたいので、会場装飾も最初の見積もりの段階ではすごーく残念なものしか含まれていなかったりするのです。でも会費婚のプランは後からの追加料金がなくてもそこそこ平均的な見栄えの式が挙げられるように設定されています。

なので、ゲスト会費設定は高いなぁという印象ですが、そこはある程度は自己負担すると決めて最初から計算していけば、後から予想以上の自己負担が必要になる!なんてこともないと思います。

トータルで考えればお得になる場合が多い

さすがに自己負担を0円にするとゲストの負担が増えてしまうと思います。それもある程度設定会費の分も自己負担にまわすとしても、トータル料金はパッケージプランとしてお得に設定されているものが多いです。

その他デメリットはある?

じゃあデメリットはあるの?というと、パッケージ化されているが故に細かいプラン内容の融通は効かないということですね。

例えば「ペーパーアイテムは自分たちで準備できる」と言ってもその分の価格を値引きしてもらうことは出来ません。パッケージ内のものは利用してもしなくても値段は変わらないのです。なので自分たちでDIYして費用を節約しようと思っている!という新郎新婦さんにはパッケージプランは向かないので自分で直接会場を探した方が良いと思います。

まとめ

以上から、会費制結婚式のプロデュース会社の自己負担ゼロ広告は嘘ではないのですが、ゲスト会費をかなり高めに設定しなければいけないということです。

でも、

  • 1.5次会はしたいけど色々と細かい準備を自分たちでするのは面倒
  • 必要なものは全部パッケージ化しておいてほしい
  • 最初から分かりやすい料金設定にしてほしい

というような方には1.5次会プロデュース会社はぴったりです。会費設定はゲストにとって新郎新婦のイメージにかかわりますし、内容を見てある程度の自己負担も考えて設定した方が良いと思います!