帰国後パーティー

リゾート挙式後のお披露目パーティーを計画しよう!

海外リゾート挙式をする場合、ゲストは家族や本当に仲の良い友人数人のみを呼んでのパーティーを行うのが通常です。でも、折角だから友達もっと沢山呼んで私たちの結婚の報告会をしたい!という人は、帰国後パーティーの計画も、リゾート挙式と平行して進めていきましょう。今日は帰国後パーティーのあれこれについてまとめてみます。

帰国後パーティー、1.5次会の概要

帰国後パーティーをする場合には、挙式は海外で行っているので皆に二人の結婚報告を兼ねた披露宴メインの会を行うパターンが多いです。披露宴ほど形式ばらず、二次会ほどカジュアルでない、1.5次会と呼ばれるスタイルが最近人気の帰国後パーティーの形態です。

1.5次会と一言に言っても、着席コース料理のついた比較的披露宴に近いスタイルのものから、立食で二次会に近いカジュアルなものまで色々です。ゲストも家族や親族を含める場合から友人のみで行う場合まで、かなり広いスタイルを指していますね。

会場は一般にホテルの披露宴会場よりも、レストランやゲストハウスなどの会場が人気のようです。レストランも高級フレンチ店のようなお店から、二次会で使うカジュアルなバーやカフェのような会場まで、色んな会場が1.5次会向けのプランを提供しています。

それぞれのスタイルによってかかる費用もピンきりですが、一般的に国内ホテルで挙式~披露宴まで行うよりはお安い予算で実現可能です。1.5次会の場合はご祝儀はいただかず、ゲストから決まった金額を貰う会費制で行う場合も多いです。

1.5次会についてのよくある疑問

ご祝儀制か会費制か?

結論から言えば半数以上の方は会費制を選択されているようです。会費の金額は会場によりけりですが、基本的にはゲスト一人当たりの食べ物代+飲み物代が会費の目安になるかと思います。

会費制のメリット

  • ゲストの金銭的負担が少ない
  • 企画する側も集まる金額が予測しやすい
  • 引き出物などの準備が必要ない

会費制のデメリット

  • 新郎新婦側の自己負担額は多くなりやすい

ゲスト目線で考えれば、会費制の場合は3万円はかからない場合がほとんどなので、一般的なご祝儀制よりも金銭的負担は少なくなります。新郎新婦側も引き出物の準備が必要なかったり、ご祝儀制に比べて求められるハードルがだいぶ下がります。

一方でデメリットはやはり新郎新婦側の負担は高くなりがちです。会費は自分たちで自由に決められるので、ゲストの飲食代+αで少し多めに設定するカップルもいるようです。でもあまりに料理内容に見合わない会費設定はゲストからの反感も買いますし、ほどほどにしましょう。会費は立食の場合は数千円~1万円程度、着席の場合は1万円~2万円と料理の内容によってもかなり幅があるようです。

着席か立食か?

これは半々のようです。カジュアルで二次会に近い形式にしたい場合は立食、家族や親戚も呼んである程度しっかりやりたい場合は着席が人気です。間を取って着席ブッフェという形態もありますが、式の最中に料理を取りに行くのが面倒だという人もいるので注意したほうが良いでしょう。

ちなみに女性目線で言うと、ヒールでの立食はつらいので、私は立食のパーティーは嫌いです。笑

1.5次会を開くにはどうすれば良い?

1.5次会を開きたい!と思ったら、まずは自分たちの開きたいパーティーをイメージしながら、会場探しをしてみましょう。会場の探し方は2通りあります。1.5次会のプランニング会社を通じて探す方法と、自分でレストランなどの会場を探す方法があります。

1.5次会のプランニング会社を利用する

おすすめはこのプランニング会社を利用する方法です。プランニング会社は1.5次会に必要なものが色々セットになったパッケージプランが準備されていて、少しの自己負担とゲストからの会費でパーティーが実現できます!

例えばプランニング会社のひとつである会費婚では、自己負担5万円プラスゲストからの会費で有名レストランでの1.5次会が出来ちゃうプランがあります!

ただし、この自己負担と会費の関係は少し注意が必要だと思うので、↓の記事も良かったら参考にしてください。

あわせて読みたい
会費制の結婚式は本当に自己負担0円から出来るのか?リゾート挙式の後に国内でもお披露目会をしたい!というような場合に最近人気のスタイルが1.5次会と呼ばれる形式です。1.5次会は披露宴と二...

自分でレストランを探す

少し手間ですが、自分でレストランなどを探してみるのもアリです。ただ、手当たりしだい探すのは大変なので、ぐるなびウエディングやゼクシィなどで1.5次会会場を検索してみるのが良いと思います。




ゼクシィの場合は検索で「レストランウェディング」や「カフェウェディング」などで検索することが出来るので、カジュアルな1.5次会にぴったりの会場を検索することも出来ます(*´艸`)

準備するものは増えがちですが、カジュアルな式場であればトータルの費用はプロデュース会社を利用する場合よりも安く利用出来る可能性が高いです!

週末にはほとんどの式場でブライダルフェアをやっているので、参加してみると式場の見学が出来たり、詳しいプランや料金の説明を聞けたり、実際の式場のお料理の試食が出来たりもします♥

ブライダルフェアはとても楽しいので、是非気になる会場があれば彼と二人で行ってみてくださいね!

まとめ

リゾート挙式には沢山のゲストは招待出来ないので、帰国後に二人の結婚報告&お披露目を兼ねた1.5次会を行う人も沢山います。

1.5次会は友人のみを招いてカジュアルなパーティーにすれば気遣いもなく楽しいパーティーになること間違いなしです!!