帰国後パーティー

【保存版】お披露目パーティーや1.5次会の会場の探し方まとめ

こんにちは!Marieです!

海外などのリゾートで挙式を挙げた後のお披露目パーティーや1.5次会の会場の探し方について書いていきます!

1.5次会の会場について

1.5次会ってどんな会場をみんな選んでいるの?

海外挙式後に1.5次会を挙げる人は増えていますが、1.5次会と一言に言ってもその内容はかなりバラバラです!

二次会に近いカジュアルな立食形式ものから、比較的披露宴に近いフォーマルな着席形式のものまで色々です。

ただ、普通に国内で挙げる結婚式で利用するようなホテルよりは、レストランやカフェ、ゲストハウス、専門式場などで行うことが多いようです。それぞれ値段や会費も大きく異なってきますので、自分達のイメージや予算と相談しながら会場は決めていく感じですね。

1.5次会の会場はどうやって探す?

通常の結婚式や披露宴の会場を探す場合にはホテルなどの会場に直接問い合わせる場合がほとんどだと思います。

ただ、1.5次会やお披露目パーティーのような結婚式ほど格式張らない会であれば、勿論会場に直接問い合わせることも出来ますが、専門のプロデュース会社を通して会場を決めることも出来ます!

というわけで、ここから先でそれぞれの会場の探し方についてまとめていきます!

会場に直接申し込む場合

普通の結婚式や披露宴の会場を探すのと同じように、直接会場に申し込む事も出来ます。

会場に直接申し込む場合のメリット

会場に直接申し込むメリットは、

  • 会場の選択肢が多い(プロデュース会社に限定されない)
  • 決まったプランはないので、オプションや演出などを自由に選びやすい
  • 首都圏や都心以外在住でも色々な会場を選びやすい

プロデュース会社を利用する場合には、その会社が提携している会場の選択肢の中から選ぶ必要があります。いずれの会社も提携している会場はかなり選択肢は多いのですが、首都圏や都心以外の地方でのパーティーとなると会場の選択肢があまりない場合も多くなってきます。

こうした地方での挙式の場合には、会場を自分で探して直接申し込みをする方が、イメージに合った会場を探せる可能性は高いと思います。

また、プロデュース会社のようなパッケージで決められていない会場も多いので、自由にオプションを追加して思い通りの式にしやすいといったメリットもあります。例えば「ペーパアイテムは手作りするからいらない」といったように自由にプランを調整しやすいです。

会場に直接申し込む場合のデメリット

会場に直接申し込む場合にはデメリットもあります。

  • 沢山の会場から自分のイメージに合う会場を探すのは結構大変
  • 見学予約などもいくつも回ろうとすると大変
  • パッケージ化されていない場合にはオプションの追加で結果的に値段が高くなりやすい

やはり一番のデメリットは会場を探すのに手間がかかりやすいこと。これから紹介する会場探しサイトを使えばある程度イメージにあった会場を検索することが出来ますが、それでも数あるサイトの中から自分の条件に合う会場を探すのは大変です。

また、値段の面で言っても後述のプロデュース会社を利用しない場合、仲介社がいなくなるから費用も抑えられるかと思いきや、案外そうでもないんです…。旅行会社でパッケージ化されたツアーがお得になっているように、プロデュース会社を利用したパッケージプランの方がなんだかんだトータルで考えるとお得になったりします。

直接会場を探いたい場合の探し方

ホテル挙式では有名ホテルは既に名前を知っているところも多いですから比較的探しやすいと思いますが、1.5次会でレストランやカフェなどの挙式会場を探す場合にはどうやって探せば良いか分からないという人も多いと思います!

マイナビウエディングなどの挙式会場検索サイトでは、1.5次会向けプランのある会場なども検索が出来ますので、こうしたサイトで「レストランウェディング」や、「ゲストハウス」など自分達の条件で検索してみると良いと思います。

そして気になる会場があれば是非その会場のブライダルフェアに行ってみましょう!会場の見学が出来て、会場によっては試食が出来るプランもあったりするので週末に彼とのデート感覚で参加出来て楽しいです!

以下に1.5次会会場やブライダルフェアを探すのにおすすめの検索サイトを紹介しておきます。

マイナビウェディング

1.5次会に限らず結婚式の会場を広く紹介するとともに、色々な会場の口コミも沢山掲載されているので、とても参考になります。

結婚式について気になる情報も色々載せられているので、花嫁さんなら一度は見ることになるサイトかもしれません。

北海道から九州まで幅広い会場の選択肢が掲載されている上に、「1.5次会プラン」や「海の見える式場」など色々な検索が可能なので気に入る会場を探しやすいと思います。

マイナビウエディングで式場を探してみる

ぐるなびウェディング

レストラン情報の「ぐるなび」に、なんとウェディングバージョンがあるのです!!

レストランやカフェなどでの挙式を考えている場合にはかなり沢山の会場の情報が載せられています。

こちらも地方も含めて掲載されている会場のラインナップが多く、「1.5次会」などの条件検索も可能なのでとても便利です。

ぐるなびウェディングで式場を探す

ゼクシィ

結婚式を考える人なら一度は本やサイトを見たことがあるでしょう、結婚式のバイブル本とも言われるゼクシィのサイトです。

こちらも色々な挙式会場が検索可能です。

ゼクシィで会場を探す

1.5次会プロデュース会社を利用する場合

結婚式で2次会を行う場合にはプロデュース会社を利用される方が多いみたいですが、1.5次会も、いくつかプロデュース会社があります!

プロデュース会社の特徴

プロデュース会社を利用する場合にはある程度のオプションがパッケージ化されたプランが用意されている場合が多いです。そしてそのプランでお願いすれば、トータルではお得になる場合が多いです。

例えば↓は「会費婚」という1.5次会スタイル結婚式メインのプロデュース会社のパッケージ内容です。

会費婚の場合は、会場によって会費は異なりますが、これらのパッケージが全部込みで、

自己負担¥50,000+ゲスト一人当たりの会費¥15,000〜¥25,000

でのパーティーが可能です!会場も厳選された会場が多くてきっと気に入る会場があると思います!

プロデュース会社を通してパーティーを行うメリット

こうしたプロデュース会社を利用するメリットは、

  • 色々なオプションが含まれたパッケージプランがあり、トータルでお得になりやすい
  • 料金がパッケージ化されていて予想以上にオプションで値段が上がることが少ない
  • プロデュース会社で自分達の希望にあったいくつかの会場を紹介してもらえるので、自分で会場を探す手間が少ない
  • 会場の下見の予約なども全部やってくれる一日に複数の会場の下見がしやすい

といったところ。

色んな会場をネットで調べながら、それぞれに会場見学の予約をして…予約も第一希望の日程で出来るとも限らないので、色んな会場を見に行こうと思うと結構大変です。

その点、プロデュース会社であれば一度会社のサロンやブライダルフェアに足を運ぶ必要がありますが、その後の会場の予約などは希望を伝えればお任せ出来てしまいます。

また、会場に直接申し込んでいる場合よりも、プランがパッケージ化されているのでオプションを増やしていったら最終的に結構な金額がかかってしまった…といったことも避けられます。

プロデュース会社を通すデメリット

一方で、プロデュース会社を利用するデメリットは、

  • 会費設定が高めの場合もあり、注意が必要
  • 直接会場に申し込む場合と比べて自由度が低い場合もある
  • プロデュース会社が提携している会場から選ばなければいけない
  • 首都圏や都心以外だと会場の選択肢があまりない

といった面もあります。

会費設定がやや高めに設定されている場合があるというのは、私が実際にプロデュース会社のプランを見て見学に行って感じたことです。

あわせて読みたい
会費制の結婚式は本当に自己負担0円から出来るのか?リゾート挙式の後に国内でもお披露目会をしたい!というような場合に最近人気のスタイルが1.5次会と呼ばれる形式です。1.5次会は披露宴と二...

例えば実質料理+フリードリンクで1.5万円くらいのコースに対して会費が¥25,000くらいのパッケージになっていたりするところもあるので、今後の友人付き合いを考えると一部自己負担を増やすなどの検討が必要な場合もあります。

また、直接会場に申し込む場合と比較すると、演出などが限定されたりする場合もあるので、色々な細部にこだわりを持ちたい場合には事前に確認した方が良いと思います。

おすすめのプロデュース会社

以下にいくつかおすすめの1.5次会プロデュース会社の例を挙げておきます。

会費婚

先ほど例に出したプロデュース会社ですが、提携会場が多く、オシャレな会場が多くてオススメです。

自己負担5万円プランの中には衣装が含まれていないので、もし衣装のレンタルも考える場合には自己負担20万円で衣装も選べるプランもあります。

関東、関西、東海と首都圏の会場が準備されており、今後は九州の会場も提携される予定です。

会費婚で会場を探す

1.5次会PRO

サロンは新宿のみですので首都圏にお住まいの方であればこちらの1.5次会PROもおすすめです。

会場のラインナップは上記の会費婚さんと被るものもありますが、こちらもレストランウェディングや挙式用のチャペルが併設されているところまで、幅広い会場のラインナップが選べます。首都圏にお住まいの方は是非検討してみると良いと思います。

1.5次会PROで会場を探す

お披露目婚

上記2つに比べるとやや会場はカジュアルなところが多くなりますが、その分費用を安く抑えたプランが多いのがお披露目婚です。

お披露目婚の魅力はなんといっても値段です。できる限り値段を安く抑えたい場合にはおすすめです。会場はレストランやカフェのような会場が多くなっています。

お披露目婚で会場を探す

まとめ

1.5次会の会場はレストランやカフェ、ゲストハウスなどの通常のホテルと比べるとカジュアルな会場を選ぶ場合が多いです。

会場の探し方は直接会場を検索して申し込む場合と、プロデュース会社を通す場合がありますが、都心在住で特別なこだわりが強くなければ、プロデュース会社を通した方が手間も少なくトータルの料金もお得に出来る場合が多いと思います。

皆さんの会場探しが上手くいくことを願っています(*´艸`)